中国工業企業利益の伸びが加速 17年6月は19.1%増 国家統計局

2017-07-28 15:23:16

中国国家統計局が27日発表した全国の一定規模以上(年間売上高が2000万元以上)の工業企業の2017年6月の税引き前利益は前年同月比19.1%増の7277億8000万元だった。 伸び率は前月比で2.4ポイント、4月比で5.1ポイントと2カ月連続で加速した。


上半期(1~6月)の税引き前利益は前年同期比22%増の3兆6337億5000万元。伸び率は前年同期を15.8ポイント上回った。


工業全体の利益増加と同時に、企業の主力事業の利益率の上昇も続いた。6月の主力事業による売上高の伸び率は6.35%と、前年の同じ時期を0.29ポイント上回り、上昇基調を維持した。


工業企業の利益構造にも一段の改善がみられ、伸び率に対する設備製造業の寄与率は採鉱業のそれを上回った。


国家統計局の報道官で国民経済総合統計司の司長を兼務する邢志宏氏は、「第2四半期(4~6月)から、工業企業の利益の伸びには新たな変化がみられるようになった。利益の伸びに占める上流業界の割合が徐々に低下する一方、中・下流業界とハイテク産業の割合は上昇を続けている」と説明した。


6月の工業企業の利益増加分のうち、設備製造業の割合は40.7%と前月比で11.3ポイント上昇、ハイテク製造業は19.3%と前月比で0.6ポイント上昇した。一方、典型的な上流業界である採鉱業の利益は前月を13.4ポイントも下回り、2カ月連続で低下した。