西安国際港務区

2017-08-02 14:58:09

西安国際港務区は西安の主要区域の北東部、灞河と渭河との間のデルタ地帯にあり、計画管理区域面積が120平方キロメートルであり、計画建設区の面積が44.6平方キロメートルである。園区は沿海の開港口サービス機能を西安に移すことを通じて、西安鉄道コンテナ貨物運送ターミナル、西安総合保税区、西安道路港の機能重畳効果を通じて、道路、鉄道、空、海などマルチモーダル運送が便利、効率的に運行して、それによって西安の交通の中枢で優位を有効に発揮し、物流効率を高め、物流コストを削減し、大物流を通じてサービス業の発展を推進して、産業を集まって昇格させる。西安国際港区の産業発展の位置は「中国最大の国際的な陆港と黄河の中上流地域で最大の貿易の物流集散中心を構築し、現代サービス業の新城を建設する」を建設することである。

西安鉄道コンテナターミナル及び西安総合保税区(1期)西安保税物流センターが建成されて運営するとともに、「国際陆港開港口のサービス機能が2年に経って建成されて運営する」という段階目標は無事に実現した、内陸企業が夢でも欲しかった「開港口が後ろに移す、その場で注文できる、海鉄輸送、隙間なしにドッキングする」という夢は西安で現実になっていた。これから、西安は「開港口サービス機能は持ち時代」に入って来た。園区のインフラと各類の入園企業プロジェクトの蓄積につれて、西安国際港区は西安総合保税区(準備)をキャリヤーとして、現代物流産業商業貿易をめぐって、物流サービス、商業貿易、金融などの産業にサービスを提供するサービスアウトソーシング産業を特に発展して、知的財産権を持ち、自主ブランド、高付加価値サービス能力のサービスアウトソーシングの基幹企業を育て、園区の物流情報化、商業貿易信息化、金融情報化を促進して、「大物流が大サービスを連れて、大サービスが大産業をアップし、大産業によって大都市を促進し、大都市が大未来をつくる」という光栄使命を背負って、近代的、生態化、国際化、宜商居住の東部新城という目標を目指していく。