西安国家民間用航空産業基地

2017-08-02 14:58:09

西安国家民間航空産業基地(以下「航空基地」に略す)は2006年7月に設立し、、西安市東南の方位にあり、計画面積は86平方キロメートル、市レベルの経済管理権限をもち、全国最大の民間航空航空産業基地である。基地は西部大学城と隣り合って、ソフトウェアとサービスアウトソーシング企業に続々と専門の人材を提供できる。2010年6月、西安航空基地は国務院から国家級陝西航空経済技術開発区と正式的に認可されて、我が国では唯一の国家級航空専門化経済開発区になっていた。基地は西部映画グループ、西安航空炎興ソフトウェア有限会社、陝西开泰投資有限会社などの大手企業を頼って、政府の指導、政策の支持、市場化と操作モードを通じて、支持環境とサービスシステムを構築、積極的にBPO、ITO、ソフトウェア開発と設計、アニメ制作、オンラインゲーム、映画制作、情報サービスなどのデジタルコンテンツを重点とするサービスアウトソーシング及び創意産業を育成し孵化する。2012年に航空基地からオフショア契約執行額は354.59万ドル、良好な発展勢いを持っている。

2012年、西安国家民間航空産業基地管理委員会から「西安国家民間航空産業基地がソフトウェアとサービスアウトソーシング産業を速く発展するための支援政策」を制定した。園区に入た企業に人材導入と育成、国家通行の資歴への認証、ブランドオフショアの創立、オフショアアウトソーシングの発展と国内外市場の業務開拓、投融資の方面に強力な支持してくれた。これらの政策は国際で有名なソフトウェアとサービスアウトソーシング企業が進出園にも強い魅力をする。