西安閻良国家航空高新産業基地

2017-08-02 14:58:09

西安閻良国家航空高科技産業基地は、国家発改委から2004年8月に意見付きの返答が設立するので、2005年3月に正式に建設の国内の初の国家級の航空のハイテク産業の基地をスタートさせます。2010年6月、国務院は西安航空基地中心園区「陝西航空経済技術開発区」をアップすることを返答した。西安航空基地は全国で唯一の航空を特色とする経済技術開発区になっていて、そして徐々に機械製造を基幹産業、航空エンジン、機上システム、航空新材料、航空大部品を分産業として、航空部品の加工、航空の補修、下請け生産、航空教育訓練、航空観光博覧などを組み合わせてセットになる全産業チェーンシステムを形成した。現在までに累計登録企業は300社に達した。

園区重点発展する基幹産業と関連産業規模が膨大で、ハードウェアデバイスアウトソーシング、組み込みソフトウェアアウトソーシング、アプリケーションソフトウェアアウトソーシング事業などのサービスアウトソーシング企業に広大な発展空間を提供し、サービスアウトソーシング産業の発展の潜在力は巨大である。