西安高新區西安ソフトウェアパーク

2017-08-02 14:58:09

西安ソフトウェアパークは中国政府に認定された国家ソフト産業基地と国家ソフト輸出基地で、全国における四つの“双基地”の一つです。1998年創立し、現在総敷地面積31万㎡、建築面積40万㎡になります。

  その中で、秦風閣、漢韵閣、太白閣、唐楽閣と西岳閣、零壱広場からなる総面積18万㎡のソフトウェア開発、仲介サービス、ビジネス及びその他のサービスを一体化した施設群が形成されました。
    西安ソフトウェアパークは国内外の知名度が高いIT企業が集中している重要な研究開発基地です。今まで、アメリカのINTEL、Toughtworks、Sybase、日本Fujitsu、NEC、SORUN、ドイツInfineon、カナダNortel Networks、台湾Newsoft、中国用友-NTTDATAなどのようなグローバル企業及び国内企業のWorksft、Kingdee、Compupacific、上海宝信など200社余りが入居しています。西安ソフトウェアパークは中国における有名なパークであり、海外でも知名度があるソフトパークとしても評価されています。