外部環境展望

2015-07-02 16:50:50

世界的な金融危機にもかかわらず、世界経済は中国などの新興経済体の強力な後押しで暖かさをすこし取り戻す、危機自体はまだ終わってない、政治、経済、安全などの要因の影響で、不確定要素は多いである。先進経済体の経済成長がなく、ヨーロッパソブリン債務危機が隠れてまだ解消していない、円とドルは続いて下落していて、世界経済はまだ不安定な時期にいて、未来の中長期の市場の需要がはっきりしない。このようなマクロ環境にもサービスアウトソーシング産業に影響を及ぼした、主にアウトソーシングサービス買い手購入の意誌や発注願いへの影響である。

(一)世界経済環境が国際ユーザー発注願いを影響する

発注会社はある部分の業務を外注に出すのは、コスト優勢、専門技能そして質量の優勢を求めるからだ。金融危機の影響で世界経済が不安手、未来もはっきりしていないの背景で、自身経営が苦境に面するため、発注会社はコスト、技能及び質量など伝統アウトソーシング要因の中で新しい平均を探すかねがない。アウトソーシングは潜在のコストの節約という得点があるが、確定できない環境は外注関係の不安定要因を増加し、潜在の交流調和コストも増加しかねがない。こういう背景として、国際ユーザーはコストを節約しリスクを避けるために、続けて外注の数と範囲を減っているかもしれない。

(二)新たな市場チャンス

国際ユーザーの発注意思が国際経済環境の変化につれて波動するにもかかわらず、中国は新興経済体の代表として、欧米と比べて国際経済下りの影響が少ないので、それで国内市場は巨大な潜在的な市場機会をある。中国の経済は転換とアップグレードしているところで、産業の革新を加速し、さまざまな新興技術の応用を加速する、モデル転換の過程中でと転換した後、中国経済は必ずサービスアウトソーシング産業の新たな成長に十分な国内市場の需要を提供していて、新たな市場機会はグレードアップと新興技術産業の分野に待っている。