内需市場展望

2015-07-02 16:56:06

(一)金融とITを速めに融和し、大量のアウトソーシング需要をつくる

10年近くでは 様々な情報技術が加速に発展していて金融業界に応用しているために、金融サービスアウトソーシングが情報記述に通じて、その良質、安くアウトソーシング業務の動力が強まり、金融とITを加速に融合する。中国の金融業界自身は業務規模から、サービス範囲、運営方式までの全方位の成長と革新を経験しているところで、ITは過去

で金融機関のみに技術保障支えを提供し、現在は金融サービス交付のプラットフォームとツールでに一転し、金融機関の業務の流れに深く融和しにいた。このような変化は深さと幅は、前例のないであり、金融サービス交付ツールとしても、基礎的な金融サービスプラットフォームとしても、金融機関は高品質ITサービスの需要が大幅に増加した。

銀行と保険業界を例として、中国銀行金融機関(国属銀行、大型商業銀行、株式制商業銀行及び各都市、町商業銀行と協同組合、信用社を含む)総合資産は2004年の27万億から2011年の95万億元までに増加し、300%以上の増加率を実現した。中国保険機関は2011年国内保険費収入が1.43万億元、同期と比べ10.4%を増加して、保険会社総合資産は5.9万億元に達した。銀行と保険の二大金融業界も過去の数年間で速やかに発展して、規模増加するのは必ず新たなアウトソーシング需要を連れて来る。それと同時に、規模の増加も巨大なデーター伝送とメモリー需要も連れて来る、ブロードバンドの拡大とデータの安全面のサービスアウトソーシング業務発展を牽引した。アウトソーシングサービスプロバイダがITインフラの有効性を保証しながら、どんどん増大しているデータの規模はネット上のデータ伝送に影響しない。ITシステムのアップデート、拡張、データと業務の集中処理はデータの安全リスクを激化させ、この部分の業務も新サービスアウトソーシング需要をつくる。

銀行保険を代表としての金融業界の発展趨勢から見れば、情報技術は更なる大きな範囲と深く処で現在ある金融業務と融和し、もっと金融業務は情報技術フォームに頼って始まり、これはどんどん広げる金融サービス規模への答え、そしても金融サービス質量を上げる方法も探す。規模の拡大或いはサービス生産と交付は、更なるアウトソーシングサービス需要と連れてく、専門の金融ソーシングサプライヤーの発展を促進することは疑うことがない。

(二)医薬研発分野で出る大量なソーシング需要

医薬品開発アウトソーシングの台頭は主に医薬企業、特に大型医薬企業はコスト削減と新薬開発速度の圧力にますます直面する。こういうストレスに対処するため、彼らは一部または全部の医薬品開発機能と流れを外注することを選ぶ。医薬品開発アウトソーシングは新薬の開発過程中の不確実性によりもたらしたリスクを減らす。医薬品開発アウトソーシング業務範囲は現在、化学構造分析、化合物の活性スクリーニング、薬理学、毒性、医薬の調合指図書、試験設計、薬物発見、臨床最先端研究、薬物のゲノム科学、臨床研究、薬物代謝、薬の安全性、研究者や実験単位の選択、検査、審査、データの管理と分析、薬物の登録、情報学、臨床ファイルや政策法規コンサルティングなどさまざまな方面に拡張した。そこから、開発過程中の管理プロセスだけではなく、ますます多くの研究と開発のコアプロセスも専門サービスプロバイダに外注されると分かる。

世界範囲から見れば、2005年、生物医薬開発の市場規模は163億ドル、アウトソーシングの割合は24 . 7%であり、2010年の市場規模が360億ドルまでに増加し、アウトソーシング比率が約40%と増加した、これは医薬開発はすでにサービスアウトソーシング業務の急速な発展の新しい興領域と表明した。中国の医療体制改革、医療保障レベル、保障能力、保障レベルを高めながら、農村の医療保障システムは全面に覆われ、都市の高消費層が医療保障の需要のレベルが上がり、国内医薬開発の需要を拡大させる。国内市場からみれば、医薬開発アウトソーシングは全体的に速やかに伸びた。2011年、我が国の医薬の開発(臨床前と臨床研究)のアウトソーシングサービス市場規模は123億ドル、その中に臨床研究市場規模が2006-2011年の複合成長率は約15 . 7%、臨床研究市場規模2006-2011年の複合成長率は約15 . 8%、成長率は明らかに、市場規模は拡大している。

(三)伝統優勢製造業界のアウトソーシング需要は更に放出することが必要

全国から見れば、製造業のアウトソーシング需要は「全体が安定に増え、個別の業界が突出」という特徴が出た。各業界部門はわが国のアウトソーシング総水準への貢献率には違いがある。ほとんどの業界の変化の傾向は一緻して、その中の貢献が最も顕著な業界は「通信機器、コンピュータ及びその他の電子設備製造業」だった、1997年から成長が加速し、20032004年が最高点に達した、それぞれ4.34%12.02%であた、その後少し降りたが、2006年までにはすべての部門の中で最高値だった。これは、業界のアウトソーシング密集度と出力(または輸出)重量の大幅上昇に連れ去れた、我が国ある部分の業界もアウトソーシングに参与して、そして未来の発展もさらに発掘と向上の空間と潜在力がもっている。

西安閻良航空高技術産業基地を例として、国内の総合実力最強の航空産業専門化園区として、すでに国内外の500社以上の航空機関連企業が入り、設計、製造、試験飛行など多くの要素が集める航空全産業チェーンを形成した、産業チェーンでの全業務はアウトソーシングが発展できるような底力をさせた。201212月末、国家航空産業基地投資管理有限会社とアメリカロックフェラー家族傘下のロスロックグループと正式に協力協定を締結し、共同出資を出し100億元規模の航空産業の投資係ファンドを構築し、敷地20平方キロメートルの「西安ロスロ-天国際航空産業城」を建築した。それに伴い関連設備製造サービスアウトソーシングの需要も増加した。だから、西安サービスアウトソーシング産業を導いて優位産業へ集中するのは、わが国全体のサービスアウトソーシングの発展の勢いに合いも、優位産業に集まったサービスアウトソーシング潜在需要を加速釈放する。

(四)高新技術業界向けのアウトソーシング需要が続けて強力

高新技術産業は各業界の情報化サービス、ソフトウェア製品、ソフトウェアの開発、通信応用システム、GIS、高技術サービス業、高新技術改造伝統産業などを含む。高新技術産業のアウトソーシング需要は主に2種類の方式で体現する:1、その業界内の業務自体は他の業界のサービスをアウトソーシングの結果;2。その業界の業務はアウトソーシングに通じて行われる事が合う。

情報化サービスとソフト業界自身はサービスアウトソーシング活動が最も集中な業界だった。十八大報告は「情報化と工業化の深度融和を促進」を明確に指名した。その融和は即ち高新技術改造伝統業界の過程である、その故、情報化サービス及び関連ソーシング需要は続けて強力である。

通信応用システム、GIS業界のソーシング重要はまだより高いレベルに持している、前文のように、通信設備、コンピュータ及び他の電子設備製造業は製造業サービスアウトソーシング需要への貢献はすべての協会では最高だった。

高技術サービス業と各業界の研発サービスアウトソーシングは知識集中という属性があり、サービスアウトソーシング中で付加価値より高い業務である。この部分アウトソーシング需要はサービスアウトソーシング全体の発展及び国民経済での会社業界の発展について増加する、わが国の産業結構調整及び産業アップの需要と実際状況が反映できる。