新生技術分野のサービスアウトソーシング展望

2015-07-02 17:10:51

(一)クラウドコンピューティング、ユビキタスネットワーク技術が速やかに発展し、関連サービスアウトソーシング分野の潜在が巨大

経済発展の質量はもう生産製品の数で決定されなくて、もっと技術革新に运転されることを表現した。技術革新結果(新生技術)は市場需要の発展を引導でき、新たな市場需要を作れる。ITの急速な発展はだんだん伝統人力労働に取って代わる時、サービスアウトソーシング産業の誕生と発展を生む、現在のクラウドコンピューティング、モノのインターネットは20年以来サービスアウトソーシングが生存の技術の基礎と産業要素を変わった、サービスアウトソーシングを新しいの高さや層度に押した。

(二)大データが来る、データ集中業界のサービスアウトソーシング需要が強力

インターネット(社交、捜索、電子商務)、モバイルインターネット、ユビキタスネットワーク、GPS、医学の映像、セキュリティー、金融(銀行、株式市場、保険)、電信(通話、メール)が狂って大量のデータが生まれている。これらのデータの総合利用は、計りきれない社会の価値と経済的価値を出す。しかし、データの多様性とスピード・膨張のデータサイズ、伝統的なデータ処理方法は、データベースの技術と基礎構造もこれほど膨大なデータ集の処理と分析が支持できない、データの密集業界本格データストレージと処理の難題に直面して、大データ時代が避けられなく来た。現在大データ応用は一番前にあるいているのはインターネット、通信、金融や政府のユーザーである。大データの発展商業分析応用市場の急速な成長を動かして、データストレージ、データ分析、データ処理アウトソーシング業務などの分野でのアウトソーシング業務を増加される。