西安市サービスアウトソーシング「十二五」発展企画(2011-2015)

一、現状と基礎

西安サービスアウトソーシング産業は始まりが早く、発展スピードが速く、高端業務の割合が大きく、発展水準が中西部模範都市の前列にある。西安は強力な科学技術人材の優位と産業基盤の利点があり、未来の発展潜在力は巨大である。

(一)成績

全体の発展は好調である。西安のサービスアウトソーシング発展のスタートは早くて、1970年代がアウトソーシング業務が出っていた。発展スピードが速くて、この4年間に契約金額の年平均成長率は50%以上に達した。2010年末までに、すでにファーウェイ、中興、エマーソンなどを筆頭とする合計1000社以上のサービスアウトソーシング企業があった、サービスアウトソーシングオフショアの輸出契約金額は2.92億ドルに達し、中西部モデル都市上位に立っている。

アウトソーシング事業構造の最適化を加速する。KPOが速めに発展し、西安はすでに国際で有名な通信ソフト開発やソリューションを提供するサービス基地、日本向けのオフショア開発基地、国際集散制御(DCS)工事実施、技術サービス基地になっていて、中国の金融ソフトウェアの開発基地を作成し、2010年末にKPOオフショア契約額は総契約額の30%に達している3ITOの急速な発展、今年の西安市情報技術アウトソーシングの急速に発展している、2010年末、ITOオフショア契約額は51%を占める。BPOが平穏発展し、西安のビジネスプロセスアウトソーシング近年にずっと安定に発展している、2010年末、オフショア契約額の比率は19%を占めた。

アウトソーシングモデル園区の枠組みは初歩的に形成した。西安は園区の建設を特に注重し、西安高新技術産業開発区ソフトウェアパークを主導区としての、西安経済技術開発区、閻良航空高新技術産業基地、国家民間航空産業基地を含む専門サービスアウトソーシング園区及び碑林アニメ産業のプラットフォームを放射区の産業の空間の配置に形成した。

海外業務市場を初歩に開拓する。西安は積極的に海外進出へ、オフショアが急速に発展して、すでに日本向け、欧米向けソフトウェアアウトソーシングの重要な拠点のひとつ、FUJISHINECIBMSAPINTELEMERSONEMCTOSHIBAROCKWELLなどいくつかの代表的な企業がここにいた。2010年末、西安受けたオフショア・アウトソーシング業務の国別市場は38の国と地域に達した。そのうちに、北米アウトソーシングの占める比率が40%で、日本向けアウトソーシングの占める比率が20%、ヨーロッパ向けアウトソーシングの占める比率が10%ほどであた。

経済社会科学の発展を推進する。西安のサービスアウトソーシング産業の発展は有効に国有工業の変換とアップグレードと現代サービス業の革新を促進した、国有製造企業は単一製造を外部研究開発アウトソーシングに転換し、さらに企業価値向上チェーンを有利に伸びて、生産の増加値率を向上させる同時に、外資利用のレベルをアップして西安貿易構造を有効に調整し、大学生就職難の問題に積極的に解決し、中央と地方の雇用政策の実施を積極的に協力する。

(二)優勢

教育人材優勢。西安高級学校の数は全国で第三位で、ソフト人材トレーニング規模がより大きい、毎年西安に合計14000人のソフト及び相関専門卒業生を育てる。西安民営学校が多い、在校生は10万人超えた、ソフトコードと情報サービス業に強い人材支えを提供したと同時に、政府が投資して大学生実習、トレーニング基地を建設し、ソフトアウトソーシング学院を成立した。西安は大量の軍需院大学、科学研究センター及び研究開発センター、強力な技術の研究と開発の基礎を打ち立てた。 

基礎施設優位。西安咸陽国際空港は世界百選空港行列に入選、西安鉄道駅は全国6つの旅客輸送ハブの一つで、西安を中心に「米」の字型の高速道路がすべて完成し、全国の高速道路で重要な要都市にになった。西安は国家西部最大の通信ネットワークセンターであるし、陝西の電力網の負荷センタ、西安ソフトウェアパークには西安都市ワーク級の基幹ノードである。

都市ブランドの優位性。西安は世界にも有名な世界四大文明の古都の1であり、中国の歴史上で最もながく、最も影響力の最大の都である現代の西安は中国の7つの地域センターの都市の1つで、新ユーラシア大陸橋段と黄河流域中国最大の中心都市、中西部最大の最も重要な科学教育、防衛産業とハイテク産業基地である

商務コストの優位。西安は中国西部内陸にあり、人力のコストが安い。マッキンゼー調査分析によると、ソフトウエア技術者を含めた「OL』の給料の平均額は上海の67%、北京の50%だった。また、事務所費、交通費など他の土地の費用などのコストもすべてを大きく北京、上海などの大都市より下回った。

産業基礎の優位。西安アウトソーシングの産業基礎の利点は明らか、ソフトサービス、金融、文化観光、地理ナビゲーション、装備製造、生物医薬などの業界の急速な発展はサービスアウトソーシングに良好な基礎を打ち立ていた。西安のサービスアウトソーシング企業のスタートは早くて、産業の発展の経験は比較的に豊富で、いくつかの国際知名企業を集まった、従業員の安定性も強くて、産業発展の政策をさらに環境も改善した。

また、西安サービスアウトソーシング発展しているところに突破すべきボトルネックがあり、具体的な表現は:一は、サービスアウトソーシングハイエンド人材、特に複合型人材及び専門人材市場開拓が不足している。二は蛇口型軍企業効果は明らかにしていない、影響力のある多国籍企業の本社及び大型地元企業が欠ける、2010年までに全市は千人を超えるアウトソーシング企業がたっだの10社だった。三は産業の発展環境が昇格させる必要がある、知的財産権保護の力は不足して、投資と融資ルートが悪く、日本、欧米などの国際直航ルートがかける。四は園区の発展は業務の増加のスピードに遅れている、土地の制限も、西安のサービスアウトソーシング未来発展に大きく制約する。五は業務統計と企業の認定が難しいが、いくつかの事業を分離、正確な統計できないため、各企業は先進的技術型サービス企業への認定も積極性が高くない。

二、チャンスとチャレンジ

「十二五」の間に、西安のサービスアウトソーシング産業は新たな歴史的な発展チャンスを迎える、基礎を固める、能力をアップする肝心な時期で、研究のサービスアウトソーシング産業の発展の勢いを慎重に分析して、正確にチャンスをとらえて、積極的に立ち向かう。

(一)世界サービスアウトソーシングが新たな発展勢いを現す

一つは長期の発展は好調だ。グローバルサービスアウトソーシング産業は金融危機の影響に及ぼす程度が深くないため、回復の増加は迅速で、2009年末にグローバルサービスアウトソーシング大額取引増加が不況前のレベルに達した。二は内部構造の調整を加速する。ビジネスプロセスアウトソーシングの増加速度は明らかに加速し、知識集約型サービスを主としたサービスアウトソーシング市場は頭角を現し、サービスアウトソーシング垂直市場は注目を浴びる。三は新技術が深い影響を与える。センシング技術に従って、クラウド技術、モノのインターネットやモバイルインターネットなどの新技術の出現、サービスアウトソーシング交付モード、サービスモードと協力モードは絶えず革新。四は新興国の発注需要が表す。ITは開拓とグローバル化プロセス加速を影響する作用の下で、中ヨーロッパ、中東、アフリカ、ラテンアメリカとアジア太平洋などの新興の国や地域の発注需要はグローバル発注市場に占めるシェアは急速な成長している。五は中国サービスアウトソーシング産業が急速に上昇している。2大目の世界経済規模の中国国内の各業界のサービスアウトソーシングは大規模な釈放や起動の前夜に立って、特にIT機器製造や金融サービスなどの分野で幅広くIT技術に基づくの第3者の管理などのサービスアウトソーシングモードが現れ、グローバルサービスアウトソーシングの構造を必ず変える。

(二)中国サービスアウトソーシング産業発展の輪郭は初めて現す

一はオフショア・アウトソーシング業務の発展は急激であた。我が国のオフショア・アウトソーシング発展が速くて、2010年の中国が受け取った国際サービスアウトソーシング契約執行額は144.5億ドル、同期と比べ、43.1%増えた。二は、ニアショアアウトソーシング市場潜在力は巨大である。中国の経済は先に金融危機から回復し、サービス業の急速な発展の段階に入って、ニアショアアウトソーシング市場は急速に成長している。三は国内市場空間の配置は初めて表す。国内で初歩的な行程は一線都市に交付して、二三線都市は受注を受けるという市場構造になっている。四は、国際競争力は増えている。中国オフショア・アウトソーシングは今回の金融危機の衝撃影響は比較的に小さく、いろいろな政策の支援により、中国サービスアウトソーシングを速めに発展し、オフショア・アウトソーシング執行額はすでに世界第二位、産業基盤が十分で、インフラ整備と豊富な人力資源の優位はいっそう中国サービスアウトソーシングの競争力を浮き彫る。

三、指導思想と基本原則

「十二五」時期は西安のサービスアウトソーシング産業を発展する肝心な時期、中国特色の社会主義の偉大な旗をもちなければならない、鄧小平理論と「三つの代表」の重要な思想を指導として、科学発展観を深く貫徹し、把握して国際サービスアウトソーシング産業転移をきっかけに、方式の転換の加速発展を軸に、自主的創造革新を動力源として、専門人材チームの建設を支えとして、既存の優位産業とサービスソーシングパークを頼りに、完璧な法律の制度環境と保護として、西安の国際都市の建設を促進する目標をめぐる、国際化、特色化、ブランド化、先行化発展戦略を深く実施し、知識プロセスアウトソーシング、優情報技術サービスアウトソーシング、ビジネスプロセスアウトソーシングを強く発展し、新興成長点を強力に育て、積極的に新モード発展を探求し、西安の国際的に有名なサービスアウトソーシング交付センター、中国サービスアウトソーシング開発センター、中国サービスアウトソーシング専門人材育成センターおよびサービスアウトソーシング革新発展リード区を建設し、国際ポータルと資源配分機能国のサービスアウトソーシングモデル都市に建設される。

「十二五」サービスアウトソーシング産業発展は下記の原則に従う:

―――人材優勢基礎を発揮することを堅持する。西安の豊富な人力資源優勢を頼り、アウトソーシング人材育成と集まりをサービスアウトソーシング産業の発展の戦略を基礎として、中国サービスアウトソーシング専門人材育成センターを力尽くして構築する、さらにサービスアウトソーシング人材育成モードを革新し、ハイエンドのサービスアウトソーシング人材を引きつけ、人材の優位をサービスアウトソーシング革新発展し、率先して発展、リーダーする強い原動力に転化する。

―――知識アウトソーシングの特色を堅持する。ハイエンドと絶えずにサービスアウトソーシング新たな成長点を育成することを続けて、研究開発設計などの知識プロセスアウトソーシングサービスアウトソーシング産業の発展を西安の戦略の焦点として、中国研究開発設計サービスアウトソーシング先行開発基地、肝心な技術を持ち、ハイエンド業務を受け、特色のブランドを形成し、知識のプロセスサービスアウトソーシング企業の導入と育成を加速し、西安のサービスアウトソーシング産業の発展能力を強めにする。

―――国際リード発展戦略を堅持する。国内外のサービスアウトソーシング重要な資源を集めることに基づいて、国際に向けて、開放発展を西安のサービスアウトソーシング産業の発展戦略の選択にして、西安を国際ポータルと資源の配置の機能を持つ国家サービスアウトソーシングモデル都市につくり、日本市場を固め、欧米市場を開拓して、国際先進的な技術と管理理念を導入し、産業の発展は国際と統合することを全面的に推進し、サービスアウトソーシング産業国際協力のプラットフォームを構築し、西安のサービスアウトソーシング産業の国際的地位をアップさせる。

―――産業と都市との釣合発展という考え方を堅持する。産業と都市と釣合、融和という考え方に基づいて、産業と西安未来都市と発展し釣合をサービスストソーシング産業発展戦略方法として、産業発展と生活融和発展という生態体系を力入れて作り、サービスアウトソーシング産業を園区に集まり、どんどんサービスアウトソーシング産業発展環境を優れにし、都市の拡大を合い、サービスアウトソーシング産業を合理的に配置し、西安を国際化大都市に建設し促進する。

―――産業融和発展ルートを堅持する。西安高新技術産業、優秀な製造業集まり発展の優勢に基づいて、経済構造戦略性調整のチャンスを把握し、産業融和発展をサービスアウトソーシング産業発展の戦略基礎として、産業構造優れにする有利な体制をつくり、製造企業をサービスアウトソーシング企業に変わることを積極的にリーダーし、製造企業を励まし、速めに産業チェーン高端に上り、西安サービス経済の実力を強め、経済モデル転換発展を促進する。

四、発展目標

未来発展条件と勢いを全面的に考えし、「十二五」の間に、西安サービスアウトソーシング産業発展の目標(表1)は:

産業規模は更に拡大する。サービスアウトソーシング規模を更に拡大して、できる限り2015年までに産業総合産額は1300億元に達し、オフショアアウトソーシング業務施行額が10億ドル(12億ドルに目指す)に達し、年間平均38%以上を増やす;研発デザインアウトソーシング、ソフトサービスアウトソーシング、金融サービスアウトソーシング、文化旅行サービスアウトソーシング、政府公衆サービスアウトソーシング、サービスアウトソーシングなどの業界分野に突破的な発展を取る。

企業の実力は更に強めにする。サービスアウトソーシング会社の数はどんどん増やしている、できる限り2015年サービスアウトソーシング会社の数は1500社に達し、CMM、CMMIPCMMISO20000ISO27001SAS70など国際認定を取る会社の数は100社以上に達し、技術先進型サービスアウトソーシング会社が80社に達した。30社の世界トップ500会社を誘いサービスストソーシング業務に入り、万人以上の総業者を育つサービスストソーシング会社(ソフト会社を含む)が3社に達し、営業額が10億元に超える大型サービスアウトソーシング会社は3社以上を誘った。

キャリア建設を強化する。さらに西安高新区ソフトウェア園区を主導地、経済開発区、航空基地、宇宙基地、灞生態区内の専門サービスアウトソーシング園区及び碑林アニメ産業のプラットフォームを放射区とする発展基礎を強め、西安都市全体発展配置に基づいて、いくつかのサービスアウトソーシング専門園区を建築し、西安特色のサービスアウトソーシング産業基地を形成、アウトソーシングモデル園区の総数は10個に増やした。

人材構造を更に優れにする。サービスアウトソーシング産業の就職納入効果はさらに表した。5年間に21万人以上に仕事を提供し、その中で大学卒業生が15万員、2015年末に、西安サービスアウトソーシングの関連従業員はできる限りに30万に達する。サービスアウトソーシング従業員チーム構造はどんどん優れに、人材育て体制も完璧に、広い分野、多くのレベル、多ルートのトレーニングシステムがほぼ確立され、ハイエンドのアウトソーシング人材を誘う面で大きな突破口がある。

ブランド効果をさらに強調する。企業の受注能力、海外交付能力が著しく向上する。全力に「中国サービス、西安に創造」のサービスアウトソーシングブランドを作り、ブランド力を向上させる。製品開発と工業設計サービスアウトソーシングなどの特色を持つ分野で影響力を持ち、国内外のサービスアウトソーシングリーダー企業やリーダー人材を誘い集まった。

           表1 西安市サービスアウトソーシング産業「十二五」指標

目標

項目

単位

2010

2012年目標

2015年目標

産業規模

産業総合産額

億元

450

700

1300

オフショアアウトソーシング契約施行金額

億ドル

2

4.8

10

オフショアアウトソーシング契約施行金額増加率

――

42(二年平均)

38(五年平均)

KPO契約額がオフショアアウトソーシング契約額占める比重

30

32

35

企業発展

サービスアウトソーシング会社数

1000

1200

1500

世界トップ500会社を誘う数

13

18

30

万人以上を育つ会社数

0

12

3

営業額が10億元超える会社数

――

――

3以上

サービスアウトソーシング模範園区数

5

7

10

国際認定を取る会社数

44

65

100

技術先進型会社

25

40

80

公共フォーム数

8

10

15

人材育成

サービスアウトソーシング従業員

万人

9

17

30

トレーニング規模

万人

1.8

7(二年間累計)

26(五年間累計

新増加の大学卒業生就職

万人

――

6(二年間累計)

15(五年間累計)

年間千人以上を育成するトレーニングセンター数

3

5

8

「十二五」目標は二つの階段で実施する:

第一階段(2012年まで):基礎を固める、レベルをアップする。西安サービスアウトソーシング産業の良好な発展を掴む、意識を統一し、理解を深め、力を合わせて、さらにサービスアウトソーシング産業の発展の環境を最適化し、さらに優位産業を固める、特色が鮮明な、システム完璧、準位アップの産業発展のパターンを強化し、サービスアウトソーシング産業の発展に良好な基礎を打ち立た

第二階段(2015年まで):アップ功能を加速に発展する。サービスアウトソーシング発展環境を固めるに基づき、世界新しいサービス業界転換チャンスを把握し、それに乗って、サービスアウトソーシング産業規模を拡大し、西安サービスアウトソーシング功能高地を作り、サービスアウトソーシング効能性機構を誘い、サービスアウトソーシングフォームを完全にし、サービスアウトソーシングの対外放射能力を強める。

五、重点分野

「十二五」の間に西安はモデル転換発展、加速発展する重要な階段に入った、国家が戦略性新生産業、関中ー天水経済発展と都市功能アップする有利なチャンスをぎゅっと掴むべきだ、優勢資源を集中して、政策支持を強化して、サービスアウトソーシング産業を加速に発展する。ソフトサービスアウトソーシングなど伝統優勢分野をアップして固めるところに、自分自身の得点に頼り、知識価値が高い、市場未来性が広い、産業リードー力が強いサービスアウトソーシング特別な分野を加速に形成する。

(一)研発デザインサービスアウトソーシング

西安科学研究の資源豊かという利点を十分に発揮する、自身の産業基礎を結び付けて、積極的に研究開発設計を主とする知識サービスアウトソーシングを発展する、製造業のサービス化傾向を掴む、産業構造を最適化と産業革新能力向上にする、「十二五」期間に力を入れてかなり技術力や市場規模が持つ知識サービスアウトソーシング産業クラスターを形成する。電力分野発電所の設計、旋法、運営、トレーニングや後期の維持管理、スマートグリッドなどを重点に発展する。通信技術分野基礎のネットワーク運営、管理、サービス及び業務研修、ネットのデジタルコンテンツを最適化と制品開発、ネットワーク機器のインストールとデバッグなどを重点に発展する。装備製造分野製造企業剥離サービスコーナー、産業合作連盟及び推進研究機関の業務改革を建設し、制品の設計と開発を発展し、コンサルティング管理、データ処理と組み合わせてセットにするサービスなどを重点に支持する。地理分野ではGPSナビゲーション携帯チップ開発、航行衛星応用GIS地理情報サービスなどをを重点に発展する。バイオ医薬分野に国際標準の新型の薬物の安全性評価、薬理の薬効、薬代、新型製剤、臨床実験、医療機器や医薬品検査技術サービスなどをを重点に発展する。エネルギー、化学工業分野には探査データ収集、処理、解釈と掘削、検層、完井工芸デザインと採油採炭技術アウトソーシングなどをを重点に発展する

(二)ソフトサービスアウトソーシング

西安のソフトウェアアウトソーシングは全国の前列に位置して、組み込みソフトウェア、ソフト開発などを特色として、いくつかの国内外の有名なソフトウェア開発企業を集まった。「十二五」期間には産業規模を大きく、リーダー企業を集め、革新的な能力アップすることをルートとして、絶えずに産業バリューチェーンを優れにし、ソフトウェア製品開発を中心にからさらにソフトを提供するサービスに伸びて、産業の発展レベルを加速にアップし、組み込みソフト、カスタムソフト、業界応用ソフトウェアパッケージソフト、システムソフトウェアとソフトウェア製品テスト、グローバルサービス、ソフト集積や維持管理などのサービスアウトソーシングを重点に発展し、ソフトの開発コンサルティング、灾センター、データサービスなどの業務を拡張し、西安を全球ソフト交付センターとグローバルITインフラ管理サービスセンターに建設する。

(三)金融サービスアウトソーシング

西安は自身の都市機能とブランドの優位性に頼って、金融サービス業界を速めに発展し、いくつかの金融サービスアウトソーシング企業を惹かれ、銀行、証券、保険などの分野に覆われるサービスシステムを形成し、金融サービスアウトソーシング発展の基礎をしっかりして、巨大な潜在力がある。「十二五」期間に金融発展環境を最適化金融機関を集めて地域本部、金融産業クラスターを突破、国内外の金融機関がBPOサービス基地が設立しさそい、伝統的な分野の規模利点の拡大に基づいて、徐々にハイエンドサービス分野を開拓する。データ処理、データマイニングと分析、リスク警報、情報の安全、モバイルペイメント、リモート運行のメンテナンスやデータセンターサービスなどの業務を重点に発展し、西安う我が国西部の主要な金融共有サービスセンターに力を尽くして作る。

(四)文化創意サービスアウトソーシング

西安は豊かな歴史文化資源をもつから、アニメ、ゲーム、映画など文化分野のサービスアウトソーシングに有利がある。「十二五」期間に革新能力を増強し、自主ブランドをつくり、公共のプラットフォームを突破として、十分に西影デジタルアニメーション産業基地、碑林プラットフォーム、展示会の集まり区などを頼って、文化アイディアアウトソーシングを加速に発展し、フォーカス3 Dモデルアウトソーシング、国際アニメ加工、オリジナルアニメ漫画応用開発、デジタル化、ビデオ特効制作、メディアなどの分野でデータベースへ視線を集める。

(五)政府公共サービスアウトソーシング

政府の公共サービスアウトソーシングは先進国ではすでに完成した、全体のサービスアウトソーシング市場で占めるは最高であた。西安政府の公共サービスアウトソーシング発展状況は良好で、徐々にサービスアウトソーシング企業となる重要な市場の出所になっている。「十二五」期間に体制の革新に力を入れて、各級政府は自身から非中核業務を剥離して、情報技術開発と問い合わせが、運営、テスト、データ処理、システムインテグレーション、トレーニングやリースなどの分野を重点に発展する。

(六)クラウドコンピューティング

クラウドコンピューティング基礎建設を積極的に推進し、クラウドコンピューティング技術プラットフォーム、多国籍会社が西安にクラウドコンピューティングセンターを設立することを支持する。「十二五」期間に新しい世代情報技術産業の発展をきっかけに、クラウドコンピューティングサービスを西安サービスアウトソーシング産業の準位をアップする、サービスアウトソーシング産業分野の発展を重要な突破口として、オンラインソフトの支払い、オンラインシステムのメンテナンスやソフトウエア運営に基づいてのサービスのコールセンター、仮想サーバは、仮想ストレージサービス、自動化ネットワーク機器サービス及び提供ブロードバンドなどの分野を重点に発展する。

(七)他の分野

「十二五」期間に都市や産業のグレードアップをめぐって、十分にサービスアウトソーシング産業経済社会の調和発展の先導作用を発揮する、より一層新興の分野を拡大する。金融サービス業、クラウドコンピューティングなどの産業の急速な発展に頼り、コールセンター業務を積極的に推進しする;中国サービスアウトソーシング専門人材育成センター建設にあう、専門教育訓練アウトソーシングを加速に促進する;観光コンベンションサービスアウトソーシングをを促進する、会議・展示対策漕ぎと配置、差旅計画などの業務を改善しに注目を集まる、知的財産権保護、財産権の評価に力を入れる、コンサルティングなどのアウトソーシング業務に発展する;国際港区の建設をめぐって、絶えずに現代物流サービスアウトソーシングを開拓する。

六、重点地区

サービスアウトソーシング空間の配置と都市機能を組み合わせ、産業基地を組み合わせ、新城開拓を組み合わせたアイデアという考え方を堅持して、西安高新区を中心に、経済開発区、国家宇宙産業基地、閻良航空産業基地、碑林科技園灞金融ビジネス区、港区国際を集約区のサービスアウトソーシングを形成する。

「一核」:西安高新区サービスアウトソーシング産業センタ。西安ソフト園、西安サービスアウトソーシング基地、西安ソフト新城の一部地区に組む。

(六区)

経済技術開発区サービスアウトソーシング集約区、民用航空基地サービスアウトソーシング集約区、灞金融サービスアウトソーシング集約区、灞金融サービスアウトソーシング集約区、国際港務区サービスアウトソーシング集約区、碑林文化創意サービスアウトソーシング集約区を含まれる。