西安市は「中国サービスアウトソーシング中西部最も競争力のある都市」に入選

2015-11-27 17:55:55

 

西安市商務局副巡視員王忻がメダルを受けて記念写真を撮った

 

 

大会開幕式

 

 

西安市商務局副巡視員王忻が登場して受賞した

 

 

西安市商務局副巡視院王忻が招待に答え、グループをつれて今回の大会を参加した

 

 

西安サービスアウトソーシング協会呉勝利会長と西安市商務局サービス貿易処白楊処長が招待に答えて今回の会議を参加した

 

       商務部国際貿易経済協力研究院、浙江省商務庁、金華市人民政府は共同に11月21日から23までに金華市で第八回(2015)ワールドアウトソーシング大会を開催した。大会委会の招待にこたえ、市商務局副巡視員王忻は西安サービスアウトソーシング協会呉勝利会長を含む四人が今回の会議を参加した。会議の間に「中国サービスアウトソーシング風采都市発表受賞儀式」で、西安市は「国サービスアウトソーシング中西部最も競争力のある都市」に入選した。

      第八回(2015)ワールドアウトソーシング大会は開幕式、コミットフォーラム、主旨スピーチ、コミット会談、項目対接活動の五大プレートがあり、「革新駆動新エンジンを作り、分野を乗てあわせる新産業を培育」をテーマとして、主に有効でワールドアウトソーシング資源を整理して、ワールドアウトソーシング業界の交流フォームを作って、サービスアウトソーシングの国際的な協力を促進して、ワールドサービスアウトソーシングブランド会社を育て、中国サービスアウトソーシング産業の発展質量とブランド影響力をアップするためである。大会期間に、「一ライン一ルート」の戦略実施がサービスアウトソーシングへつれされるチャンスとチャレンジにめぐって、中国サービスアウトソーシング研究センター骞芳莉、毕馬威サービスとサービスアウトソーシング管理問合せワールド主席Dave Brown、商務部研究院学術委院会主任、国際サービス貿易研究所所長李钢、IBMワールド客革新センターCEOGangiyakula Sukumar、文思海輝高級副CEO張東蔚、合豊情報科技(金華)会社総経理孙宇烽などの責任者、専門家、学者及び業内の高級管理者たちは次々と主題スピーチをした、商務部研究院国際サービス貿易研究院李西林副研究員は「中国アウトソーシングブランド発展報告2015」を発表した。国際、国内の50社以上の会社は会議期間に協力意向を対接して、その中に11個の項目は契約した、総投資額は35.16億元に達した。

      今回の大会は商務部及び国家相関部門委責任者、ワールドサービスアウトソーシング分野でのリーダー人物、アメリカ、日本など40個以上の国家と地域の财富世界トップ500会社、フォーブストップ2000会社、ワールドアウトソーシントップ100家会社からに高級管理人、ワールドアウトソーシング業界有名な専門家、学者及び相関サービスアウトソーシング模範都市の代表者、知名会社の責任者は総合約400人は大会を参加した。会議期間、代表者は金華サービスアウトソーシング園区と代表性サービスアウトソーシング企業は学習考査した。