西安市商務局がサービスアウトソーシング産業実施意見座談会を開いた

2016-01-14 17:27:47

       「国務院からサービスアウトソーシング産業を一方に速めに発展させるための意見」と「陝西省人民政府からサービスアウトソーシングを速めに発展させるについての実施意見」を更に実施するため、園区と企業の経営状況と発展需要を十分に了解するため、西安市の意見を作るために、西安市商務局は2016年1月8日午後に西安市各園区と重点アウトソーシング企業代表座談会を開いた。

 

 

       会議はまず国務院と陝西省人民政府が「サービスアウトソーシング産業の発展を促進するについての実施意見」から伝わった相関精神と要求を伝達して勉強した後、市商務局サービス貿易処白楊処長は2015年全市サービスアウトソーシング産業の発展状況、存在した主な問題及び国務院と省政府からのサービスアウトソーシング産業発展につての意見の具体的な措置と仮想を紹介した。西安ソフト園、経開区サービスアウトソーシング処、西安碑林科技産業園、西安航空基地サービスアウトソーシング園、航天基地、西安国際港務区、浐灞金融商務区などの模範園区代表、及び西安华讯科技株式会社、西安博彦インフォメーション技術株式会社、西安潤和ソフトインフォメーション株式会社、西安紫光国芯半導体株式会社、広連達ソフト株式会社、陝西新華集団数字出版基地発展株式会社、西安美太太フォーム、西安磐石インフォメーション科技株式会社などの責任者たちは今回の会議を出席して発言した。市商務局白楊処長は園区と企業代表からの意見と提案を合わせて、西安市の意見を更に完璧にして、一日も早く市政府へ提出しにくると表示した。

 

 

        今回の座談会を応じて、各模範園区と企業の代表たちは存分に各グループが全市サービスアウトソーシング産業の発展で占める分と優勢を了解した。みんなは国家と省、市政府の各規定と政策を確実に実施して、西安市のサービスアウトソーシング産業の発展へ更なる力を尽くすことを表した。