西安市商務局 第14回中国国際ソフトと情報サービス交易会へ参加

2016-06-21 17:26:48

国家商務部と遼寧省人民政府に主催され、大連市人民政府と中国サービス貿易業界に協力され第14回中国国際ソフトと情報サービス交易会は2016年6月16日から19日までに大連で行われた。大会のテーマは「データ・共有、智慧・革新」である。サービス産業革新発展の最新ヒットに目線を集め、ワールド経済向け数字化スマート時代への転換及び発展勢いを進入に検討し、革新創業、インターネット+、「一ライン一ロード」、ビッグデータ経済、人口智能、智慧製造などの内容をを注目した。展覧、サミットと様々な活動を通して、科技未来新たな感覚を体験し、より智能、高効率、便利な生活方式を現れた。SAP、IBM、アクセンチュアを含む16社の世界ベスト500の企業及びアメリカ、イギリス、フランスなど60個以上の国家と地方からのおよそ3000人の海外客商、北京、上海、西安など39個の省市からのおよそ1000人のゲストは今回の会議を出席し、6万人以上の観客も参観した。大会からの要請に答え、西安市商務局をはじめ、西安碑林科技産業管理事務所、陝西アニメショーン産業フォーラム、西安サービスアウトソーシング協会は今回の大会を参加した。

 

 

 

 

会議期間に、西安代表団は第14回中国ソフト交易会開幕式、2016ワールドソフトと情報サービスフォーラム及び企業家サミット、2016ソフトサービスアウトソーシングサプライチェーン金融フォーラム、初のサービスアウトソーシングと「双革」サミットなどの活動を参加して、西安市サービスアウトソーシング重点企業名簿と西安市投資地図100冊を発給した;欧美工商会の相談対接会、中ロシアIT企業協力相対接会を参加しながら、西安碑林科技産業管理事務所とロシアでの有名な電信運営商ーBeeline電信会社と対談し、今年9月に西安で開催予定の中国西安第5回国際オリジナルアニメショーン大会を特に紹介し、大会のアウトソーシングフォーラム及びロシア交流会などの活動への参加を誘いて、初歩の協力意向を達成した。それ以外、西安代表団は大連ソフト園の建設の発展情報を参観し考察した、その園区でのサービス功能の完璧と、ブランド建設の促進などの経験と作法は我らに勉強と参考にされる。