浪潮の三大中心プロジェクトは西安高新区に定住

2017-07-24 10:16:56


7月20日、西安市人民政府と浪潮グループの戦略的提携契約及び浪潮集団「技術開発センター」、「西北運営センター」や「一ライン一ロードセンター」は西安高新区の契約式が行われた。省委副書記、省長胡和平、省委委員会、西安市委書記王永康、省政府秘書長陈国强、省網信主任孙琳、省科学技術庁長官卢建军、省工信庁長官蒋跃、省防衛計画委員会主任刘宝琴、省発改委副主任刘强、西安市の委員会は、市党委員会秘書長卢凯、副市長強小安および浪潮グループの会長兼CEO孙丕恕、浪潮グループCEO王洪添、浪潮グループ陝西支社の社長曹江阳たちが出席した。

 
市党委員会、新城区委員会の書記、高新区党委員会書記、航天基地党委員会書記李毅は司会を担当し、西安市委、市政府の代表として挨拶をした。浪潮グループCEO王洪添は挨拶し、西安市副市長強小安と高新区管理委員会副主任陈辉は西安市、高新区を代表して契約をした。


此次签约,浪潮集团将与西安市政府在云计算、大数据双创中心、数据所、新型智慧城市和政务服务建设及大数据人才实训等方面全面而深入的合作。作为合作的重要内容,浪潮集团将在西安高新区总投资预计超过100亿元,其中一期投资50亿元兴建“浪潮西安产业园”项目。园区十三五末达到研发人员规模上万人并最终达到20000人,同时设立研发中心、西北中心和一带一路中心,将成为浪潮最重要的研发基地和西部地区产业发展中心。

今回の契約は、浪潮グループは、西安市政府とともに、クラウドコンピューティング、ビッグデータ双创センター、データ所、新型知恵都市や政務サービス建設及びビッグデータ人材訓練などの面で全面的に深くの協力する。重要な内容として、浪潮グループは、西安高新区へ総投資額が100億元を超えて投入、そのうちに1期50億元を投資し「浪潮西安産業園」プロジェクトを建築する。園区十三五末には研究と開発人員の規模は最終的に万人以上2万人に達し、同時に研究開発センター、西北センターと一ライン一ロードセンターを設立、浪潮が最も重要な研究開発基地と西部地域の産業発展センターとなる。