西安市人民政府によりソフトとサービスアウトソーシングを更に速く発展するについての若干意見

2015-07-06 18:28:31

西安市人民政府によりソフトとサービスアウトソーシングを更に速く発展するについての若干意見

(市政発「200956号)

各区、県人民政府、市人民政府各部門、各直属の機関:

国家がサービスアウトソーシング産業の発展を支持する重要なチャンスを掴む、産業発展環境を最適化、西安ソフトウェアとサービスアウトソーシング産業の飛躍的発展を実現し推進するために、以下の意見を提出しました。

一、産業発展の計画を制定する

(一)ソフトとサービスアウトソーシングの発展計画を制定する。全市のソフトウェアとサービスアウトソーシング開発の重点区域と実施の手順を明確にして、空間の配置を最適化にして、産業資源を統合し、西安高新区ソフト園を核心とするソフトウェアとサービスアウトソーシングモデルパーク(以下は模範園区に略す)の企画と建設を特に促進する。高新区を主導区、関連産業園区を放射区、特色が鮮明で、それぞれの重点、協調発展する西安のソフトウェアとサービスアウトソーシング産業の新しい枠組みに形成する。

オフショアサービスアウトソーシングの発展を重点として、多国籍企業サービスアウトソーシング業務を受け取れる中堅企業を育って、ハイエンド市場を重点として、日本市場を固め、強力に欧米市場を開拓して、サービスアウトソーシング従業の素質をアップして、西安市ソフトウェアとサービスアウトソーシング人材育成基地を速く建設して、各レベルの人材育成訓練の規模を拡大し、ハイエンドのアウトソーシング人材を加速に育成する;目標産業を中心に、新世代移動通信、消費電子、自動車電子、スマート計器器具などの分野の組み込みアプリケーション開発と装備製造、エネルギー、医療、教育、電力、環境保護などの分野に向けの業界応用ソリューションを強く発展する。金融、保険、物流などの分野のビジネスプロセスアウトソーシングとデータ分析、市場調査などの知識型サービス業務や、研究開発センター、コールセンター、データ/センター、人力資源/トレーニングセンターなどの共有運営センターを大力に発展する。デジタルコンテンツを特色として、デジタル出版、アニメやゲーム、映画制作、数字文化などの情報サービス業務に力を入れて発展する。

「十一五」計画の末に、ソフトウェアとサービスアウトソーシング産業の生産総額は450億元に達し、輸出が2億ドルである;2015年までに、ソフトウェアとサービスアウトソーシング産業の生産総額は1300億元に達し、輸出が10億ドルである、業界の有名企業100社をを集めて、万人以上を育てる規模が2社、千人以上の規模の企業が60社で、15万人の大学生を就職させ、30万以上のサービスアウトソーシング従業員がいた。「国内で一流、世界でも有名」のソフトウェアとサービスアウトソーシングモデル都市に西安を建設しようとする。

(二)園区を速めに建設、産業の集まりを促進する。合理的なレイアウトを作り、分業明確なサービスアウトソーシングモデル園区を重点として、引き続き推進西安ソフトウェア園などのいくつかのサービスアウトソーシングモデル園区の建設を推進する。高新区を世界一流園区に創建することをきっかけにして、高新区新拡区域で高い起点で国際水準をもつ4平方キロメートルのソフトウェアとサービスアウトソーシング新城を計画する、市財政はプロジェクトの進捗状況を3年間で総額が1.5億元以上の資金支援を手配する、園区の標準的な工場やインフラ建設を支持する。すでに確定した各モデルパークのインフラ建設を市の重点プロジェクトにかさめて、国際化の産業発展空間をつくる。西安市サービスアウトソーシング産業の発展の専属資金は園区内のサービスアウトソーシング企業やサービスアウトソーシングプラットフォームの建設に優先支援を与える、企業の入区を引き入れる。

二、産業をより多く、より強くに支持する

(三)財政はソフトウェアとサービスアウトソーシング産業への支援を増加する。2009年から2011年まで、市、開発区(基地)及び関連区毎年総投資は10億ドル以上、ソフトウェアとサービスアウトソーシング産業の基礎施設の建設に支持する、各種の優遇政策を果たす。その中で、市財政は毎年1億元以上を手配して、重点に会社を支持して、国際サービスアウトソーシング業務サポートを受け、国際市場を開拓し、関連資格認証;ハイエンド人材導入、大学生の就職前で職業訓練を支持する;企業の技術革新や革新成果を産業化にすることを支持する;サービスアウトソーシングの公共のプラットフォームの開発を支持する;情報の安全と知的財産権の保護を支持する;産業ブランドを育て、国内外の有名なソフトウェアとサービスアウトソーシング企業の投資を引き入れる。市財政は産業の発展と財力状況により、徐々に産業発展への投入を拡大する。

(四)税収の優遇政策を実行する。2009年から2013年まで、技術先進型サービス企業にオフショアサービスアウトソーシング業務収入営業税を徴収しない。以下の3種類の企業に15パーセントの税率に減らして企業所得税を徴収する:条件に適合する技術先進型サービス企業;「中華人民共和国企業所得税」の条件を適合しながら「高新技術企業認定管理弁法」の関連規定によって高新企業の資質を取得するソフトウェアとサービスアウトソーシング企業、西部地域にある、国家規定の奨励類産業項目を主業務として、その当年の主な業務収入は企業総収入の70%以上を占めるソフトウェアとサービスアウトソーシング企業、そしても企業の申請を経て、税務機関の審査確認を通る。技術先進型サービス企業従業員教育経費が企業賃金総額8%を超えないの割合でありのままの企業所得税税引き前で除く。ソフトウェアとサービスアウトソーシング企業が新技術、新製品、新技術を開発するための研究開発用、無形資産を形成していないの当期の損益に計上するのは、規定に基づき実額を控除した基礎の上に、研究開発費用の50%を更に除く、無形資産になるのは、無形資産コストの150%を分割りにする。ソフトウェアとサービスアウトソーシング企業での住民企業は、一納税年度内において、技術譲渡所得が500万元を超えない部分は、企業所得税を免除する;500万元を超える部分、半分に企業所得税を徴収する。

(五)企業は連合、買収合併再編などの措置を通じて、、大型国際ソフトウェアとサービスアウトソーシング企業の組み立てを奨励する。海外から買収合併成功したソフトウェアとサービスアウトソーシング企業に、市財政専属資金は事前調査、コンサルティング、ビジネスの費用の50%を奨励として、最高が80万元である。ソフトウェアとサービスアウトソーシング業務量と新採用雇数年増幅に30 %以上に達する企業に、経営拡大、生産効率を上げる技術改造或いは固定資産投資などの項目をある程度の資金手当を与え、その新規融資に同期銀行貸出基準金利により専属資金から50 %貸付利息を与える、戸別に最高は100万元が貰える。

(六)ソフトとサービスアウトソーシング輸出を支持する。輸出額が50万ドルに達する、または100%を増加するトップ20の企業は、輸出拡大と税の貢献による、市財政専属資金から戸別企業に毎年5-20万元の奨励を与える。企業が借りた国際通信専用線の費用は、市財政専属資金から、戸別に毎年30%(最高で50万円)の補助金を与え、期間は5年である。

(七)会社が国際認定を取ることを支持する。当年に開発能力成熟モデル集成(CMMI)と開発能力成熟度モデル(cmm)に認定された企業に、国の補助金認証方法を参照して補助金を与えるを与える(モデル園区での企業は園区から認証補助金を与える。)当年に人力資源成熟度モデル(PCMM)の認証、情報安全管理基準(ISO27001 / BS7799)認証、ITサービス管理(ISO20000)の認証を取得し、サービスプロバイダー環境安全(SAS70)、P-MARK / PIPA及びシステムインテグレーション資質など認定された企業に、認証類別の合理的なコストにより、補助金額を確定し、原則としては認定費用の50%を超えない、最高は10万元を超えないである。当年に多くの国際認証取得そしてアップグレードを取るソフトウェアとサービスアウトソーシング企業は、最大3つの合計100万元を超えない申請が提出できる。すでに認証手当を取った企業に、市財政専属資金はその後の2年の認証メンテナンス手当を与える。

三、産業ブランドを力入れて作る

(八)投資促進とブランド作るに力を入れる。ソフトウェアとサービスアウトソーシング産業の宣伝を拡大し、西安は国際市場での知名度と影響力を広げる。国家商務部、工信部、科学部と連合に、2年ごとに「中国西安国際ソフトウェアとサービスアウトソーシング大会」を開催する。、それをより高い規格の中国サービスアウトソーシング産業サミットにさせる。毎年、国際と国内主要発注地でソフトウェアとサービスアウトソーシングプロジェクト推進イベントを開く、焦点を合わせて投資資金を導入する。

ソフトウェアとサービスアウトソーシング企業は自主ブランドを作ることを支持する、ルールにあうのは、市財政専属資金は一括奨励を与える。

(九)模範園区と企業は国内外の市場を開拓することを支持する、市財政専属資金は毎年で限りのある資金を手配して、参加する国、省、市政府組織及び認めた国内外の専門展示会と企業のプロモーションイベント、毎次に総支出費用の70%を超えない補助を与え、各円九に毎年最大50万元の補助を与え、毎社企業に毎年最大5万元の補助を与える。

国内外で成功に分枝機構を設立する企業とトレーニング機関、及び伝統的な業界の企業が情報部門単独に剥離し、西安範囲内で独立なソフトウェアとサービスアウトソーシング企業を成立する会社に、その投資と運営の場合により、専属資金から最高30万元の奨励金をあたえる。企業は地元情報化の内需市場を開拓することを支持し、各級各部門、企業・事業単位は、情報システムの建設、及び内需を拡大する投資プロジェクトで、西安市のソフトウェアとサービスアウトソーシング企業との協力を強化し、共に上へ上げることを提唱し支持する。

(十)外来投資はソフトウェアとサービスアウトソーシング業務を発展することを支持する。世界トップ500、グローバルアウトソーシング1トップ100、国内ソフトウェアとサービスアウトソーシングトップ100企業は西安にソフトウェアとサービスアウトソーシング企業を設立して我が市の登録年限に10年以上を約束することに対して、模範園区は企業事務所のリース、購入や個人の住宅落戸などに資金の手当てを与える;その所得税の地方留保部分に模範園区も5年連続の全額の奨励を与える。市財政は専属資金から市と園区所在開発区(基地)や関連区財政体制により補助をする。巨大企業の導入に我が市の重大なプロジェクトについて一事一議、一企画一対策の方式により支援する。

四、高素質な人材チームを組む

(十一)産業と教育のドッキングを強化する。西安地区高等学校がソフトウェアとサービスアウトソーシング人材を育成する体系と専門課程を設置することを支持して、規模を拡大し、レベルをあげ、高素質なソフトウェアとサービスアウトソーシング応用型人材を育てる。人材育成教育基地を建設し、5年ぐらいの時間をかかり、徐々に西安ソフトウェアアウトソーシング学院を相当規模があるソフトウェアとサービスアウトソーシング人材育成専門学校に建設する、わが市や地域産業の発展に知的支援を提供する。

大学と社会トレーニング機関はソフトウェアとサービスアウトソーシングの学歴教育と職業技術訓練を積極的に支持する。年間のトレーニング規模が1000人以上に達することと質がある程度に達する学園に、審査認定を通して「西安にソフトウェアとサービスアウトソーシング人材育成基地」の称号を授ける。毎年必ず模範園区はある程度の資金を手配して、区内企業、トレーニング機関や大学共同で大学生訓練基地を建設することを支持する、「受注式」育成を推進する。国内外で有名なトレーニング機関や大手企業は我が市にソフトウェアとサービスアウトソーシング人材育成を発展することを誘い支持する、開発、管理、市場開拓の領域での中高級人材を特に育つ。

(十二)企業ハイエンド人材育成を支援する。我が市の技術先進型サービスアウトソーシング企業が海外へ社員を派遣して研修することを支持する。海外で仕事或いは勉強が満60日以上のは、模範園区から往復のチケット費用を与える;海外で三ヶ月以上カスタム研修して試験も合格して、企業に2年以上連続雇用されての高級人材は、市財政専属資金から実際に発生した費用の50%を援助を与え、一人当たり最高5万元である(社別企業は毎年最大10人だ)。

(十三)人材手当体制を実施する。企業中高級人材の導入を支持する。模範園区でのソフトウェアとサービスアウトソーシング企業年収(給料収入)7万元以上のハイエンド人材は納めべきそして納めた個人所得税は、毎年、園区がある開発区(基地)や関連区財政が市、区留保分全額を納税者に奨励、期限は五年である。市財政専属資金は園区の所在開発区(基地)や関連区を通して補助する。この意見が実施後、企業が外地や海外から招聘する始めて私が市で仕事する高級技術と管理者(年収25万元以上、企業で連続勤務1年以上)の方に、一度だけ定住手当3万元を与える。補助金の資金は企業の登録経営納税地の模範園区がある開発区(基地)や関連区財政統一に手配する。

(十四)人材就職と創業を推進する。新卒は地元ソフトウェアとサービスアウトソーシング企業に就職することを励まし導く。私が市の条件に合う技術先進型サービスアウトソーシング企業は新規1名短大以上の学歴の従業員を採用し、サービスアウトソーシング仕事をさせる、その上、1年以上の労働契約を締結するたびに、企業申告国家サポートを推薦する;私が市の条件に合う訓練機関に訓練されたサービス外包業務人材(短大卒以上)は、サービスアウトソーシング専門知識や技能訓練テストを合格して、サービスアウトソーシング企業と1年以上の労働契約締結に、訓練機関が申告国家サポートを推薦する。国家支持を獲得していない企業に、国家標準を参照して市財政専属資金から補助金が与える。そして訓練が終わった後に模範園区の企業に就職し、企業と1年以上の労働契約した大学生には、模範園区から研修費用を超えない最大15%の援助を学生本人に与える;模範園区以外の企業に雇用された大学生は、市財政専属資金から援助を与えて、訓練機関により学生本人に返る。

各模範園区は積極的措置をすべき、サービスアウトソーシング創業輔導、政策コンサルティングなどの仕事を最優先に支持し、十分に産業模範、孵化作用発揮し、大学生の創業を導く。

(十五)人材安居条件を改善する。ソフトウェアとサービスアウトソーシング企業で長期的な仕事して、条件に合う外国籍人員には優先的に外国の専門家の証明書、外国人の就業証と居住証明書を取り扱う;長期的な仕事する外国籍の管理者は、その家族に出入国、居住、子女の入学などの方面に便利を提供する。各模範園区は本地域での産業の発展状況によって、計画的にソフトウェアとサービスアウトソーシングの技師マンションを早めに建設して、産業人材にマンションに提供する。

五、産業発展環境を優れに

(十六)産業の発展の組織指導を強化。産業発展の協調推進システムを建設し、市ソフトウェアアウトソーシング人材育成指導グループと市ソフトウェアアウトソーシング基地都市指導グループを統合し、市人民政府を組長に担当する西安市ソフトウェアとサービスアウトソーシング産業の発展を促進する指導グループを設立し、全市産業の発展を計画し、合同会議を定期的に開催し、産業の発展している実際に困難や問題を調和して解決する。指導者グループの事務室は市対外経済貿易局にあり、日常事務処理を担当して、ソフトウェアとサービスアウトソーシング産業の発展に関する政策と措置を確認する。

(十七)投資環境を完全にする。政府に引導し支持される多元化、多ルート投資融資体制を設立する。リスク投資機関、ビジネス保証機関がビジネスソフトウェアとサービスアウトソーシング分野を積極的に進出し励まし、企業の投資と企業の資本操作を参与する。市中小企業信用担保資金は優先にサポートソフトウェアとサービスアウトソーシング分野の各保証サービスを支持する、企業が国内外の上場融資のために条件を創造し、サービスを提供する。

(十八)情報安全と知的財産権の保護を強くなる。企業知的財産権信用ファイルをつくり、権利を守るサービスを提供する。ソフトウェアとサービスアウトソーシング業務で取った重大な社会や経済効果の知的財産権プロジェクトを政府奨励範疇に納入する;年間に知的財産申請量上位の企業には、適切な奨励をあげる。「西安市情報安全保護条例」を一時も早く打ち出して、国家情報安全と経営者権益を保護する。

(十九)業界協会の作用を十分に発揮する。西安サービスアウトソーシング発展協会と産業連盟を速めに組み、業界自律、情報交流、仲介調和、市場ルール化する、不正競争を防ぐ。

ソフトとサービスアウトソーシング信用評価体系を作り、協会自律を励まし、企業が信用を守るのを提唱する、「政府引導、業界自律、社会監督」という良い誠実勧業体制を作る。企業は情報安全ルールを違反して悪い結果をすれば、本体系により受け取ったすべての政策の資格を一時的にストップした。

(二十)弾力的な労働時間制度を実行する。確実に労働者の合法的な権益を守る上で、企業生産の特性により、労働と社会保障行政管理部門の認可を取った後、特別な労働時間制度を実行できる。

(二十一)大通関の建設を強めにする。税関などの部門が関係規定に従い関税免除を調和して、さらにソフトウェアとサービスアウトソーシング企業の自家用設備と臨時チャーター設備を便利に通関する。

(二十二)わが市のもともとがあるソフトとサービスアウトソーシング産業発展の発表した相関政策はこの政策と違った場合は、本意見を元にする。実施しているところで他の優遇政策と重なる場合は、重複に優遇政策を适用しなくて、もっと優れる政策を選べる。

本意見の適用範囲は私の市でソフトウェアとサービスアウトソーシング業務(ソフトウェア開発、ソフトウェア技術サービス、システムインテグレーション、ビジネスプロセスアウトソーシング、集積回路設計、アニメやゲームの開発、工業デザインと管理、インターネットの値上がりする業務など)がある企業、トレーニング機関や専門の模範園区の投資運営管理企業、上記の企業はわが市から国家標準とプログラムにより認定される。本意見各支援政策は企業が地方財政への貢献に従って支援する。5年以内に企業の総合セルフ額は原則的には5年以内、この企業は地方財政貢献増分部分の総額を限りとする。

本意見は発表される30日後から施行される。各相関グループは現実と合い、具体的な施方法を速めに発表して、確実にソフトとサービスアウトソーシングの発展を促進する。